03-3880-8148


【診療】10:00~13:00/14:30~20:00(土は~18:00) 【休診】日・祝

インプラントとは?

    【インプラントとは?】限りなく天然の歯に近い治療方法

    インプラントとは?

    人は永久歯を失うと、二度と自分の歯を取り戻すことができません。残念なことですが。

    そのため、永久歯が抜けてしまった場合、今までは両隣りの健康な歯を削らなくてはならないブリッジや、バネをかけて入れ歯にするしか治療法の選択肢がありませんでした。しかし、残っている歯に負担がかかったり、うまく噛めなかったり、違和感が強いなど不具合も多かったのも事実です。

    その不満点を改善した治療法がインプラントです。インプラントは、顎の骨にチタンの人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をとりつける治療方法。チタンはアレルギー反応もなく、生体親和性が高い材料ですので安心です(人工心臓や人工関節にも使われています)。

    インプラント治療をすることで、自分の歯で噛むような感覚を取り戻すことができます。ですが、どんなインプラントも、天然の歯にはかないません。

    当院では、ご自身の歯がある方には、安易にインプラントをお勧めしないこともあります。最良の治療で、患者さんの歯を保存する方法をご提案させていただきます。歯を残すことが不可能な場合に行うのがインプラント治療なのです。

     

    インプラントには1回法と2回法の2種類があります。

    1回法

    1回法

    まずはじめに局所麻酔をします。
    その後、歯肉を切開し歯槽骨 (顎の骨)を露出させます。
    専用のドリルを使い、フィクスチャー(人工歯根)と同じ長さ・太さの穴をあけます。

    1回法

    フィクスチャーと呼ばれる歯根部分を埋め込みます。

    1回法

    ヒーリングアバットメントと呼ばれる仮のアバットメントを設置します。 頭出しをの状態にしておきます。
    その後、インプラントと骨が結合されるのを待ちます。

    1回法

    骨との結合が確認します。
    それが確認できたら、ヒーリングアバットメントをはずし上部構造アバットメントを装着します。

    1回法

    アバットメントの上に人工の歯をかぶせて治終了です。

    <メリット>
    外科手術が1回で済むため負担が少ない。

    <デメリット>
    骨の状態がよくなく、感染のリスクが高い場合は向きません。

     

    2回法

    2回法

    まずはじめに局所麻酔をします。
    その後、歯肉を切開し歯槽骨 (顎の骨)を露出させます。
    専用のドリルを使い、フィクスチャー(人工歯根)と同じ長さ・太さの穴をあけます。

    2回法

    フィクスチャーと呼ばれる歯根部分を埋め込みます。

    2回法

    歯肉を上から閉じ合わせます。
    フィクスチャーを完全に埋没させます。
    その後、インプラントが骨と結合されるのを待ちます。
    治癒期間中は部分入れ歯等を使用することができるので、日常生活に支障はありません。

    2回法

    フィクスチャーと骨がしっかりと結合されたら、小手術で歯肉を小さく切開します。
    フィクスチャーの頭部を出し、人工歯と連結させるためのアバットメントを取り付けます。

    2回法

    アバットメントの上に人工の歯をかぶせて治終了です。

    <メリット>
    歯肉の中にインプラントが完全に埋め込まれているため力がかからず、感染のリスクが少ない。骨増生と同時にインプラントができる。

    <デメリット>
    頭出しの2次手術が必要。

     

    1回法と2回法どちらがいいか?

    当院で主に使用しているJMMインプラント1回法にも2回法にも対応しているため、それぞれの患者さんの状態にあわせて最良の方法を選ばせて頂いております。


TOP