03-3880-8148


【診療】10:00~13:00/14:30~20:00(土は~18:00) 【休診】日・祝

他の治療方法との違い

    「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の違い

    「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の違い

    失ってしまった歯を補う場合、【インプラント】【入れ歯】【ブリッジ】の3つの方法があります。このページでは、入れ歯、ブリッジをインプラントと比較しながらご説明します。

    失ってしまった歯を補う代表な治療法として「インプラント」「義歯」「ブリッジ」があります。ここでは3つの治療法を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットをまとめさせていただきます。

    入れ歯とインプラントの比較

    入れ歯とインプラントの比較入れ歯は......保険適応でつくることができる
    インプラントは健康保険でできませんが、入れ歯は健康保険でもできます。入れ歯の場合は、材料や作り方によっては健康保険の適応を受けることができます。

    入れ歯は......見た目が悪い、ものが挟まる
    バネを装着する必要があるので、見た目が悪く「大きな口を開けることに抵抗がある」という方も少なくありません。また、入れ歯が合わないと、ものが挟まり痛みが出る場合もあります。

    入れ歯は......噛む力が弱くなる
    バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、硬いものが噛めなくなるといったデメリットがあります。また、味覚や食感も鈍くなる場合があります。

    部分入れ歯は......他の歯への負担がかかる
    部分入れ歯は残っている歯にバネをかけるため、その健康な歯に負担がかかり、結局その歯を抜歯することが多くなります。健康な歯に負担をかけてしまうリスクがあります。

     

    ブリッジとインプラントの比較

    ブリッジとインプラントの比較ブリッジは......保険適応でもつくれる
    インプラントは健康保険でできませんが、ブリッジは健康保険でもできます。ブリッジの場合は、治療方法や材料によっては健康保険の適応を受けることができます。

    ブリッジは......両隣の歯を削る必要がある
    ブリッジを支える両隣の歯を大幅に削る必要があります。歯は削れば削るほど、その寿命が短くなります。歯を削らないですむインプラント治療は、周囲の歯を守ることになるのです。また、噛み合わせたとき両隣の歯に負担がかかるため、さらに歯を失っていく原因になります。

    ブリッジは......インプラントと比べ装着感が落ちる
    インプラントと比べ、ブリッジの場合、装着感が良いとはいえません。また、歯ぐきとの間に隙間ができて食べ物が詰まりやすくなったり、内側を舌で触ったときのポンティック特有の形に慣れるまで時間がかかったりする場合があります。

     

    インプラントは残っている自分の歯を守ることができる治療法

    インプラントブリッジは、支えている歯に負担がかかり、磨きにくいから虫歯・歯周病になってしまう。義歯は、バネのかかっている歯が必ずグラグラしてくる。噛めないから反対の歯でかむため反対の歯まで痛めてしまう。結局、ブリッジも入れ歯も、残っている歯を痛めてしまう治療法です。

    残っている歯を健康に守りたい方には、インプラントをお勧めいたします。インプラントを選択される患者さんは、必ず歯周病の治療をしっかりしている歯科医院を選んでください。歯周病を治さなければ、インプラントも歯周病にかかってしまうため、長持ちしないためです。


TOP