03-3880-8148


【診療】10:00~13:00/14:30~20:00(土は~18:00) 【休診】日・祝

上顎の骨がなくてインプラントが出来ない?? ~サイナスリフト~

   

今日のオペの紹介です。

今日は午前中に普通のインプラントが1ケース、午後に上顎に骨がなくてインプラントが出来ないといわれて他院から来た患者さんにインプラントをするための骨作り(サイナスリフト)を行なったのでその紹介をします。

術前のレントゲンです。
左上6サイナスリフト前.jpg

レントゲンで見ると向かって右上(患者さんの左上)に歯がありません。

骨も黄色いラインの間にしかないので骨の高さも5ミリくらいしかありませんでした。

骨がなくインプラントは難しいといわれブリッジしかないと言われていたそうです。

ついでに前歯にもインプラントが入っていますがこれも骨がなくインプラントは難しいといわれたらしくブリッジにするといわれていたようですが前歯も骨を作って(GBR)私がインプラントをしています。

今回は左上の紹介です。

実際に骨があるのが5ミリですとインプラントに必要な骨はおよそ12ミリ、出来ればもっとあることに越したことはありませんが最低あと7ミリくらいの骨が必要な計算になります。

そこでサイナスリフトというテクニックが必要になってくるのですがこれが非常に難しいので出来るドクターが少なく骨がないのでインプラントが出来ません・・・ということになってしまうのです。

骨作り後(サイナスリフト後)のレントゲンです。
左上サイナスリフト後.jpg

黄色い丸で囲まれた部分に骨が出来ています。

まだ骨は固まっていませんのでこれから数ヶ月待ってからインプラントを入れることになりますのでまた報告します。

このように骨がなくてもさまざまなテクニックを使うことによりどんな状態でもインプラントは可能になってきています。(もちろん例外はありますが)

骨がなくてインプラントが出来ないといわれあきらめている方はぜひご相談ください。

インプラント・歯周病治療について詳しくは~足立区の日比谷歯科医院



日比谷歯科 歯周病治療/インプラントセンター:https://www.implant-hibiyashika.com

電話:03-3880-8148
住所:〒121-0011 東京都足立区中央本町5-7-17 セントラル商事ビル
最寄り駅:東武スカイツリーライン「梅島駅」より徒歩10分


TOP