03-3880-8148


【診療】10:00~13:00/14:30~20:00(土は~18:00) 【休診】日・祝

ソケットリフトを応用したインプラント

   

今日はインプラントの紹介です。

リアルタイムではないのですが先週のインプラントのオペになります。

先週は4ケースで6本インプラント埋入がありましたがそのうちの1ケースです。

このインプラントは左上5なんですが上顎洞といわれる空洞が下がってきており普通にインプラントが入れられないケースです。
ソケットリフト デンタル 術前.jpg
レントゲンを見てもらうと下のラインまで約5ミリ弱しかありません。これより上には骨がありません。

インプラントは最低でも10ミリ入れたいので5ミリ以上の骨が不足していることになります。

このまま診断をしてしまったらサイナスリフトといわれる大変な骨造りのオペが必要と診断を下されることでしょう・・・。それかインプラントはできません・・・と診断されるかでしょう。

ただここでCTを見てみると口蓋側(口の内側)には骨がある事が分かりました。
ソケットリフト トライアル CT.jpg
これでも10ミリくらいしかありません・・・。

ただここの骨を利用してインプラントを入れると2ミリくらいの骨が足りないだけで済む計算になります。

2ミリでしたらソケットリフトといわれるテクニックを利用すれば簡単にインプラントができそうです。

ただあえて多少斜めにインプラントを埋入する必要があるのでどうしてもリアルタイムでCT撮影が不可欠になります。

当院ではCT完備ですのでオペ中に2回CTを撮影させていただき無事にオペを終えることができました。

術後のCTです。
ソケットリフト CT インプラント埋入後.jpg
インプラントは12ミリのインプラントを使いました。

矢印の先にソケットリフトで作った骨が膨らんで写っています。

これでサイナスリフトをするより15万円近くそして10ヶ月近くの期間も短くインプラントが終了させることが可能になります。

ソケットリフト デンタル インプラント埋入後.jpg

CTを導入してみると他院でインプラントは骨が無くて難しい、無理です、といわれたケースでも実際にCTを撮ってみると意外にもインプラントが可能なケースも少なくないことが分かりました。

もちろん骨が無くてもソケットリフトやサイナスリフト、GBR、スプリットクレストといわれる骨造りのテクニックにも対応していますのでインプラントはほとんどのケースで可能です。

どんなことでも相談していただければお力になれると思いますのでご相談ください。

もちろんソケットリフトは患者さんにかかる負担も最小限なので当日も翌日も痛みも腫れも全くありませんでした!!!



日比谷歯科 歯周病治療/インプラントセンター:https://www.implant-hibiyashika.com

電話:03-3880-8148
住所:〒121-0011 東京都足立区中央本町5-7-17 セントラル商事ビル
最寄り駅:東武スカイツリーライン「梅島駅」より徒歩10分


TOP